アニマルヘルスチェックサロンTail up!はオーナー様とご一緒に動物たちの健康を維持できますようサポート致します。
アニマルヘルスチェックサロンTailupテイルアップ
お問合せ080-5900-3288
HOMEごあいさつEAVとはアニマルヘルスチェックプログラムヘルスチェックの流れよくある質問
話すことができない動物達は、病気の初期の症状を訴える事ができません。だからこそ、先回りのケアを!

グリーンエイトS-5G

販売価格 8,030円(税730円)
購入数

グリーンエイトS-5g

こんな方におすすめ

WHOも認めた携帯電話の電磁波の危険性

2011年5月31日、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC、本部フランス・リヨン)は携帯電話の電磁波と、がん発症リスクとの関連性についての調査結果を発表しました。そこで携帯電話の電磁波は、5段階のリスク評価で上から3番目の「2B」=「人に対する発がん性が疑われる」に指定されました。 発表によると、携帯電話の電磁波の影響で「グリオーマ(神経膠腫)」と呼ばれる脳腫瘍を引き起こす危険度が増す恐れがあるとのことです。
携帯電話を1日30分、10年以上使い続けている場合、グリオーマの発症危険性が40%増加したという衝撃的な研究結果も紹介されました。
IARCは、体から離せば電磁波の影響が小さくなるとして、イヤホンマイクの使用や、本体が頭部に触れないメールを使うことなどを提案しています。
ところが、英国消費者協会によれば、イヤホンのコードがアンテナの役割を果たし、携帯電話機を直接耳に当てた場合の3倍の電磁波が頭部に伝わるという研究報告がなされています。
携帯電話が生活の一部となっている現代。やはりきちんとした電磁波対策を講じる必要があります。

第5世代移動通信(5G)による電磁波と健康被害

5Gネットワークでは、同じエリアをカバーするために、さらに多くの中継地を増やす必要があります。これまで、多くの基地局がタワーまたは屋根に取り付けられてきました。新しい5G中継地は、ボックスタイプでどこにでも実際に取り付けることができます。
これは、街灯、バス停、信号機、または壁に取り付けられ、私たちに近づくことを意味します。そしてもちろん、より多くの電磁波をうけるでしょう。

電磁波により体内の水分子は振動します。これにより摩擦熱が発生し、組織および細胞の温度が上昇します。
これは、体調に対して不快な症状として現れる可能性のある、生物に対するストレスを意味します。
5Gネットワークの拡大により、将来的にはさらに多くの無線による電磁波が発生するでしょう。

皮膚電気抵抗値(EAV)で測定出来る、自律神経の異常

皮膚電気抵抗値とは私たちの体を流れる生体エネルギー(気)の流れの状態を、微弱な電流を用いて測定するものです。この皮膚の電気抵抗値による心身機能評価というのは、ドイツではEAVとして50年前から、日本では2001年に「治療点検索装置」として厚生労働省許認可を受けている測定方法です。

実験結果

こちらの図はEAVという健康状態を把握する測定器にて携帯電話使用中を測定したグラフです。数値が高すぎると炎症または機能亢進傾向低い数値は機能低下を表します。一度数値が上がってから落ちていくのがグラフの黄色い個所、インディケータ・ドロップと呼ばれる異常な電気信号値です。
こちらの女性は腸経〜心経に危険信号であるインディケータ・ドロップが出始めました。しかし、グリーンエイトのSサイズを携帯電話のバッテリーケースの中に入れると、すぐにインディケータ・ドロップはなくなっていることが分かります。

電磁波を中和し無害化する「グリーンエイト」&「トランスフォーマ」

1997年創業のバウアーバイオテック社は、独自技術「TRANSFORMATION through INFORMATION」を保有しており、全ての商品は、この技術を用いて開発されています。
これによって人体に有用な波長を生み出し、無用な電磁波との干渉・中和作用によって電磁波防止に効果を発揮します。

中和のイメージ

使い方は簡単!バッテリーケースに入れるだけ

使い方バッテリーケースに入れるだけ。
機種変更のときも簡単に入れ替えて使い続けることができます。
スマートフォンのケースに差し込んでお使い下さい。
スマートフォン(iPhone/Android)に対応!


原産国 ドイツ
サイズ 32×40mm(厚さは0.3mm程度)
素材 PET(ポリエチレンテレフタレート)