アニマルヘルスチェックサロンTail up!はオーナー様とご一緒に動物たちの健康を維持できますようサポート致します。
アニマルヘルスチェックサロンTailupテイルアップ
お問合せ080-5900-3288
HOMEごあいさつEAVとはアニマルヘルスチェックプログラムヘルスチェックの流れよくある質問
話すことができない動物達は、病気の初期の症状を訴える事ができません。だからこそ、先回りのケアを!

トランスフォーマT23

販売価格 22,000円(税2,000円)
購入数

トランスフォーマT23

こんな方におすすめ

密閉された空間を電磁波が飛び交う

車の走行時は無線電磁波があちこちから飛んできます。さらにハイブリッドカーや電気自動車の普及により、電磁波環境はもっと劣悪なものになるでしょう。たとえガソリン車であっても眠気や注意力の低下など、電磁波の悪影響はとても大きいものです。
電磁波は壁などに跳ね返って入り込む特性を持っています。密閉された空間を電磁波が飛び交う、そんな中にいれば子供はもちろん、大人でも影響を受けてしまいます。
そこで、それらの電磁波が生体に優しくなるよう変換できる商品を開発しました。それが「トランスフォーマT23」です。皮膚電気抵抗値とは私たちの体を流れる生体エネルギー(気)の流れの状態を、微弱な電流を用いて測定するものです。この皮膚の電気抵抗値による心身機能評価というのは、ドイツではEAVとして50年前から、日本では2001年に「治療点検索装置」として厚生労働省許認可を受けている測定方法です。

皮膚電気抵抗値(EAV)で測定出来る、自律神経の異常

皮膚電気抵抗値とは私たちの体を流れる生体エネルギー(気)の流れの状態を、微弱な電流を用いて測定するものです。この皮膚の電気抵抗値による心身機能評価というのは、ドイツではEAVとして50年前から、日本では2001年に「治療点検索装置」として厚生労働省許認可を受けている測定方法です。

実験結果

こちらの図はEAVという健康状態を把握する測定器にて携帯電話使用中を測定したグラフです。数値が高すぎると炎症または機能亢進傾向低い数値は機能低下を表します。一度数値が上がってから落ちていくのがグラフの黄色い個所、インディケータ・ドロップと呼ばれる異常な電気信号値です。
こちらの女性は腸経〜心経に危険信号であるインディケータ・ドロップが出始めました。しかし、グリーンエイトのSサイズを携帯電話のバッテリーケースの中に入れると、すぐにインディケータ・ドロップはなくなっていることが分かります。

電磁波を中和し無害化する「グリーンエイト」&「トランスフォーマ」

1997年創業のバウアーバイオテック社は、独自技術「TRANSFORMATION through INFORMATION」を保有しており、全ての商品は、この技術を用いて開発されています。
これによって人体に有用な波長を生み出し、無用な電磁波との干渉・中和作用によって電磁波防止に効果を発揮します。

中和のイメージ

使い方は簡単 車内に置いておくだけ

使い方
車内のハンズフリーの通信技術(Bluetooth 近距離無線通信技術)や、GPSナビ、その他複雑な電子機器が原因となる気分の悪さや不調を訴える運転者には重要となる製品です。
この新製品は、車・バス・船・航空機・トラック内での使用に適し、EMF(電磁場)を中和するのに大変効果的です。
中和範囲は6メートルで、車1台は1枚で十分という高機能な製品です。